2003年01月15日

著作権延長反対署名用紙(試作版)

「著作権及び著作隣接権の保護期間延長反対に関する請願」署名用紙

※この署名用紙は試作品です。署名活動開始時に改めてアナウンスを行う予定です。

誓約事項

一、収集した署名及び住所の個人情報は国会に提出することのみに使用しそれ以外の目的には使用致しません
一、署名の紹介議員及びその関係者以外の第三者には署名によって得られた個人情報は譲渡致しません
一、署名の収集期限後はすみやかに総筆数を集計し紹介議員に請託致します


署名に関する注意事項

 1ページ目の「表紙」は1枚で構いません。2ページ目の「署名用紙」を必要枚数だけ印刷し、署名が集まったら表紙に必要事項を記入。用紙に記載の受取人宛で発送します。
 もしくは、表紙を付けず署名用紙だけを受取人に送って、まとめてもらうことも可能です。その場合は、署名の合計数を別紙に書くなどしてくださると、集計の手間が軽減されて助かります。


署名のやり方

1.表紙(請願者ごとに1枚)と署名用紙(集められるだけ)を用意します。

2.署名用紙1枚目の記入欄最上段にもあなたの氏名と住所を書き、署名を集められるだけ集めます(氏名と住所だけで大丈夫です。印鑑・サイン・拇印はいりません)。

3.日本国内にお住まいの方なら年齢・国籍を問わず誰でも請願は可能です。日本国外にお住まいの場合は、日本国籍を有していることを条件に請願が可能です。

4.署名は原則として漢字もしくはひらがな・カタカナによる自筆でお願いします(ワープロ打ちの場合は押印が必要であり、従ってメールで署名をお送りいただいても無効になってしまいます)。日本語以外の言語、もしくは点字で署名される場合は訳文を朱書(代筆可)してください。

5.住所欄は都道府県または市区町村から記入。ご家族で署名される場合は最初に署名された方の住所以外を「同上」のように省略しても有効です。日本国外にお住まいの場合、住所欄は「アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス市38番通り…」のように記載してください。

6.表紙の「請願人」にはあなたの名前と住所を書き、押印します。認印やシャチハタでもかまいませんし、印をおもちでない場合は拇印(親指の印)でもかまいません。日付と紹介議員欄・「外 名」の部分は空欄のままにしておきます。

7.署名用紙(1枚あたり10名分あります)の総署名数を数え、表紙・署名用紙とは別の紙にその数を記入していただければ集計の手間が軽減されて助かります。

8.署名が集まったら受取人へ送ります。受取人宛先は、署名用紙に記載されています。


お願い

 特に不都合が無い場合は、表紙を付けていただけると有り難いです。最低40名分を目指しています。
 なぜかと言うと、国会法第80条2項で「委員会において、議院の会議に付するを要しないと決定した請願は、これを会議に付さない。但し、議員二十人以上の要求があるものは、これを会議に付さなければならない」と定められているので、表紙1枚(署名用紙は何枚でも可)につき紹介議員1名で受理される関係上、表紙も最低40(衆参各20)枚は必要になると言う訳です。
posted by PublicComment at 00:00| PR活動・ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。