ショートカット(中分類)

 文化庁がまとめた項目ごとにわけました。柱立て(大分類)か項目(中分類)をクリックすると書式に合わせたメールを立ち上げることが出来るほか、関連項目番号も自動で記入されます。

続きを読む
posted by PublicComment at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショートカット(小分類・ジャンル別)

【重要】意見を提出する際は、トピックの後ろにある細目の番号が必要になります。

※随時追加予定。

続きを読む
posted by PublicComment at 00:00| Comment(5) | TrackBack(1) | ショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月01日

著作権法及び関連法規の条文

掲載URLは、特に注記が無い場合は総務省の現行法令データベースを使用。

著作権法(昭和45年5月6日法律第48条)

続きを読む
posted by PublicComment at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 解説・資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フライヤー(チラシ)各種

 現在、1種類のチラシがあります。
 ここに置いてあるチラシは全て著作財産権を放棄しますので、ご自由に印刷・配布してください。

続きを読む
posted by PublicComment at 00:00| Comment(19) | TrackBack(1) | PR活動・ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月30日

著作権法施行令の改正に関するパブリックコメント(意見提出手続)の実施について

 文化庁は、9月30日に「著作権法施行令の改正に関するパブリックコメント(意見提出手続)」を開始しました。

著作権法施行令の改正に関するパブリックコメント(意見提出手続)の実施について文部科学省

(※このパブリックコメントの募集は締め切られました)続きを読む
posted by PublicComment at 23:59| Comment(209) | TrackBack(11) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

提出報告所(「施行令」パブリックコメント用)

 9月30日から10月13日まで行われている「著作権法施行令の改正に関するパブリックコメント」提出を、トラックバックまたはコメントで報告するためのエントリです。

(10月13日追記)当サイト作成者より、文化庁へ意見を提出しました。

著作権法施行令の改正に対する意見

(10月14日追記)募集は締め切られました。多数の意見提出、ありがとうございました。

続きを読む
posted by PublicComment at 23:59| Comment(42) | TrackBack(16) | PR活動・ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

L.Lessig教授の講演(FLASHムービー)

 2002年7月24日に「CODE」「コモンズ」「FREE CULTURE」などの著書で知られるLawrence Lessig・スタンフォード大学教授が行った講演の要旨を収録したFLASHムービーです。非常に大容量かつ時間も長い(約30分)ですが、今回の運動において非常に重要なテーマについて語られているので是非ご覧になってください。

Lessig Flash(外部へリンク)

 
posted by PublicComment at 22:00| Comment(16) | TrackBack(0) | 解説・資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年12月10−24日実施のパブリックコメント全文

 2003年12月10日から24日まで急遽実施されたパブリックコメントは、翌年1月14日に3つの論点に関する賛成と反対の数のみが公表されると言う極めて異常な対応が取られました。
続きを読む
posted by PublicComment at 22:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 解説・資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年・邦洋アルバムに見るオリコン週間売上推移

 2003年のオリコン掲載チャートを基に、発売から10週間内の売上データを邦楽・洋楽各5タイトルについて週単位で比較したデータを、サイトをご覧になった方から提供していただきました。

2003年・邦洋アルバムに見るオリコン週間売上推移

(10月13日追記)この統計でサンプルとされている10タイトルの抽出理由について問い合わせを多数いただいておりますが、提供者によると次のような基準であると言うことです。
(邦楽)原則として「売上100万枚以上」「50〜99万枚」「30〜49万枚」「10〜29万枚」「10万枚未満」に分類し、売上別に代表的な作品を抽出。
(洋楽)邦楽と比較してサンプルとなるタイトル数が少ないので、年間の総売上枚数が判明しているタイトルからランダムに抽出。
 邦楽がほとんど発売から1か月以内に年間出荷枚数の80%前後、2か月以内に90%以上を消化するのに対し、洋楽はタイトルによって消化率にバラつきがあることがわかります。
 つまり、邦楽の還流盤のみを輸入禁止の対象にするのであれば2か月以内で十分であり、文化庁が4年もの長期にこだわる理由はやはり「建前上は否定している欧米からの洋楽タイトル輸入禁止を意図しているのではないか」と言うことを示唆するデータと言えます。
posted by PublicComment at 22:00| Comment(15) | TrackBack(1) | 解説・資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。